最近耳にする言語聴覚士の仕事とは

  • 医療従事の一つとして活躍する言語聴覚士

    • 言語聴覚士は、音声機能や言語機能、聴覚機能などの障害がある方に、リハビリテーションを行なう専門家のことです。



      1997年に制定された言語聴覚士法という法律に基づいて、国の厚生労働省が免状を発行し、業務を行なうことが出来るとされています。



      言語は人間同士のコミュニケーションを図るために大切な存在であり、仮に言葉を失ってしまうと生活する上でも支障をきたすことも多いです。



      その他に言語機能の障害のみならず、声や発音の障害である音声機能の障害、食べるときの摂食障害、音を聞き分けられない聴覚障害などのリハビリテーションも担当します。



      これらのことは最低限の人間らしい生活を送る上では欠かす事が出来ないこともあり、その扱う仕事は重要な使命を持っています。

      なおリハビリテーションでは言語訓練やその他の訓練をはじめ、検査や助言、指導や援助を含み広範囲にわたります。



      言語聴覚士が活躍されている現場は、病院などの医療機関での医療従事がメインで、他には福祉施設や保健施設、教育機関でも活躍しています。
      またリハビリテーションを行なう資格には、理学療法士、作業療法士、視能訓練士といった資格が存在しますが、そういった資格と共に取得されるケースも多いです。



      資格取得のためには、指定する国指定の養成機関を卒業して国家試験に合格する必要があります。



      ただ試験自体は択一式の筆記試験で行なわれますが、それほど難易度は高くなく所定のスコアをクリアすれば合格し、合格率も全体の60%前後となっています。



  • 関連リンク

    • 多くの若者が言語聴覚士を目指し、専門学校や大学で学んでいます。国家資格を取得し、言語聴覚士になり、医療、保健、福祉、教育の分野で幅広く活躍しています。...

    • 言語聴覚士という仕事を正確に知っている人はどのくらいいるでしょうか。人間は言葉を通じて気持ちや考えを伝え互いに理解して生活しています。...