最近耳にする言語聴覚士の仕事とは

  • 言語聴覚士を目指すには

    • 言語聴覚士という仕事を正確に知っている人はどのくらいいるでしょうか。
      人間は言葉を通じて気持ちや考えを伝え互いに理解して生活しています。



      ですが、言葉を話すと言う当たり前と思われる行為が出来ない人も多くいるのです。

      その原因は様々で、脳卒中によるの失語症、聴覚障害、発達の遅れなど子供からから高齢者まで多岐に及びます。


      言語聴覚士はこうした言葉を話せずコミュニケーションを取れない方や上手く噛めない飲み込めない為に食事を取る事が困難な嚥下障害がある方達の社会復帰をお手伝いし、少しでも自分の生活が出来るように支援する事が主な仕事となります。



      思い通りに言葉を発する事が出来ない、気持ちを伝えられないのは本当に辛くもどかしい事です。



      その気持ちを受け止めて患者さんと接するには、幅広い知識や的確に伝えるための表現力も必要となります。

      細やかな気遣いと優しさ、人間力が必要となる非常にやりがいのある仕事です。言語聴覚士になるにはどうしたら良いのでしょうか。



      専門知識も必要になるので、資格を得る必要があります。

      国家試験に合格し厚生労働大臣の免許を受けないとなれないのです。


      国家試験は毎年1回で合格率や約60%ほどと低いです。



      独学で勉強すると狭き門となりますが、養成学校などできちんと授業を受ければ決して難しい試験ではありません。



      大学や短大でも勉強出来る学部もありますが、専門学校も多数あり、最短2年コースから4年まであります。



      きちんとした授業や実習などを経て国家試験に挑んだ方が言語聴覚士の道が開ける事でしょう。



  • 関連リンク

    • 言語聴覚士は、音声機能や言語機能、聴覚機能などの障害がある方に、リハビリテーションを行なう専門家のことです。1997年に制定された言語聴覚士法という法律に基づいて、国の厚生労働省が免状を発行し、業務を行なうことが出来るとされています。...

    • 現代では、病気で苦しんでいる人々の助けになりたいと医療専門職を志している人が幅広い世代で増加してきています。病気によって、言葉をうまく発話することができない患者に対して、諦めることなく粘り強くリハビリテーションをサポートしているのが、言語聴覚士なのです。...