言語聴覚士が担っているリハビリの領域について

  • 言語聴覚士を目指したいなら

    • 言語聴覚士という仕事をご存知でしょうか。1999年に国家資格として誕生した新しい専門職です。



      何かを伝えたいのに上手く話せなかったり、音や声が聞こえない、食べるとむせかえってしまうなど問題を抱えている人達が、自分の意思を伝えて気持ち良く生活が出来るようにお手伝いをする今、注目されている仕事なのです。脳障害などが原因の失語症や聴覚障害、声や発声障害に対してその程度を判定し、医師の診断の上、訓練のプランを作成します。



      言語発達促進の援助や、言語指導などを行って、コミュニケーション能力の改善を図っていきます。



      また、食べ物をうまく飲み込めない嚥下障害の訓練等、患者さんの負担を軽減する為に力になっていく事が、言語聴覚士の重要な仕事です。



      アメリカには既に約15万5千人の言語聴覚士がいるのに対して、日本にはまだ約2万2千人しかいません。

      言葉の障害を障害を持つ人は日本に大勢いるのに言語聴覚士の数は圧倒的に不足しているので、資格を取れば活躍の場が大きく広がっていく事でしょう。



      言語聴覚士は国家資格ですので、きちんとした勉強をして試験に挑まなくてはなりません。

      合格率は60%台と低いので難しい試験という印象を受けますが養成学校や大学などでしっかりと勉強すれば、養成校の新卒者の合格率としては80%を超えていますので、そんなに心配しなくて大丈夫です。



      最終学年では臨床実習がメインになりますので実務経験も積んで、職に就いた時に即戦力として働けます。



      やりがいもあって需要もある仕事ですので目指してみるのもいいですね。



  • 関連リンク

    • 言語聴覚士と聞くと、いったいどのような職業なのかと疑問に思う人は少なくありません。一般に言語聴覚士を簡単に言うと、コミュニケーション障害を持つ人に対して、その人の自立と社会参加を支援する仕事となります。...

    • 人間は言葉によってコミュニケーションを図っていますがなんらかの障害があってそれが不可能な場合にコミュニケーションの助けを図る仕事を行うのが言語聴覚士です。こういった問題は先天性の場合や脳卒中で言葉が不自由になってしまった場合など様々なことが原因になりますが、こういった問題をそれぞれに合った方法でコミュニケーションが図れるようにしていきます。...