言語聴覚士が担っているリハビリの領域について

  • 言語聴覚士とはどんな仕事か

    • 人間は言葉によってコミュニケーションを図っていますがなんらかの障害があってそれが不可能な場合にコミュニケーションの助けを図る仕事を行うのが言語聴覚士です。



      こういった問題は先天性の場合や脳卒中で言葉が不自由になってしまった場合など様々なことが原因になりますが、こういった問題をそれぞれに合った方法でコミュニケーションが図れるようにしていきます。

      まずどういった要因で起きてしまっているのか原因などを明らかにしていって、それぞれの合った対処法を考えていくのが仕事になります。



      また単独で対処していくというよりも医師や介護関係や心理療法士など、様々な分野の人と連携してその人に合った対処法を考えていきます。



      言葉を上手く発することが出来ない場合や喉頭癌などで発することが出来ない場合など、様々な訓練などを行うことで症状を緩和させることを行っていきます。


      文字が読むことが出来ないといった症状にも対応することが可能になっています。他にも言語聴覚士にはものを上手く飲み込めないなどの症状にも対応することが可能です。



      医師の診断があってその後の対応の時にお世話になることが多いです。



      国家資格ですので誰でもなれるわけではありません。



      国家資格に合格した後は病院や保健所などから老人ホームのような福祉施設、教育機関まで幅広く活躍することが可能になっています。



      これからの高齢化社会においては活躍の場が広がりそうなのが言語聴覚士です。



  • 関連リンク

    • 言語聴覚士という仕事をご存知でしょうか。1999年に国家資格として誕生した新しい専門職です。...

    • 言語聴覚士とは国家資格でありながらも、同じ国家資格である理学療法士や作業療法士に比べて、求人状況が芳しくありません。その理由として考えられるのは、国家資格となったのが比較的最近であること、また診療報酬や介護報酬などを含めた法整備の遅れなどが挙げられます。...