最近耳にする言語聴覚士の仕事とは

  • 言語聴覚士の資格と仕事

    • 多くの若者が言語聴覚士を目指し、専門学校や大学で学んでいます。



      国家資格を取得し、言語聴覚士になり、医療、保健、福祉、教育の分野で幅広く活躍しています。1999年に国家資格として誕生した新しい専門職です。



      幼児から成人、高齢者までのリハビリやさまざまな症状で悩んでいる人をサポートしています。難聴などの聞くことに障害を持つ人、吃音などの話すことに障害を持つ人、摂食障害で食べることが困難な人に対して、言語聴覚士は訓練と指導をします。



      子どものことばの遅れなどの発達障害にも対応し、言語機能の発達が遅れている子どもに対して、言語聴覚士はことばやコミュニケーションに関心をもつように、訓練と指導をおこないます。



      脳卒中や交通事故などの原因で起こる失語症、記憶障害や認知症に対してはその症状に対応したプログラムを組み立て、患者さんのために、医師、看護師、理学療法士などの医療専門職とチームを組み、その一員として医療に携わります。



      医療の問題の本質や原因のメカニズムを明らかにしながら、対処法を見つけ出します。



      そのための検査と評価を実施し、助言をする専門職です。



      言語聴覚士になるためには高校卒業後、大学、または専修学校に入学し、必要な知識と技能を修得し、卒業する必要があります。

      その後国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければなりません。



      毎年1回、2月中旬の土曜日に試験が行われます。

      試験内容は5選択肢一式の筆記試験です。

  • 関連リンク

    • 現代では、病気で苦しんでいる人々の助けになりたいと医療専門職を志している人が幅広い世代で増加してきています。病気によって、言葉をうまく発話することができない患者に対して、諦めることなく粘り強くリハビリテーションをサポートしているのが、言語聴覚士なのです。...

    • 言語聴覚士という仕事を正確に知っている人はどのくらいいるでしょうか。人間は言葉を通じて気持ちや考えを伝え互いに理解して生活しています。...